カテゴリ:情報とか( 25 )

_/_/_/ お知らせ _/_/_/_/_/_/_/ 

4月9日センターレポート更新 


■千葉県収容犬情報 本所  東葛飾支所  君津地域  夷隅保健所  安房保健所
■千葉動物愛護センターでは、県内在住の成人の方を対象に、犬ねこを譲渡しています。こちら
※全国の動物愛護センター・迷い犬ねこ情報および譲渡情報リンク集はこちら
f0225871_18453968.gif

※※※ 注目記事 ※※※  (以前の記事はこちら
犬や猫と暮す老人ホーム(カプアン通信さんより)
土佐犬に生まれたという事の不幸( marico's familyさんより)
ドイツ 殺処分ゼロの理由(犬を感じるブログメディア dogactuallyさんより)
動愛法改正のパブコメを送られたみなさんへ。(ジュルのしっぽさんより)
ペットと暮らしの情報サイト「GORON」 ちばわんの活動を紹介する連載記事が始まっております。
啓蒙ポスター (カプアン通信さんより)
※若干数私の手元にもあります。必要な方はお送りしますのでご連絡ください。
hotdogboon☆gmail.com  ☆を@に変えてください
f0225871_2355384.gif

いぬねこ不妊去勢手術助成について
全国自治体いぬねこ助成金リスト 詳しくはこちら
全国ボランティア団体による猫の不妊手術助成一覧 詳しくはこちら
f0225871_0203355.gif

迷子犬捜索
◆◆多くの犬猫の情報を求めております◆◆  詳細はこちら
f0225871_111087.gif


↓↓↓この広告は自動表示されるものです 
[PR]
by koro-baboon | 2012-12-31 00:00 | 情報とか

これからも世界に応援される日本で有り続けなくては!

今年の漢字が決まりましたね。  「絆」
この一文字を強く感じる動画がありましたので、ご紹介します。


この動画を見た世界の人々のコメント
■泣いた。私はとにかくすごく日本と日本人が大好きなのよ (アメリカ 21歳)
■エクセレントなビデオだ。友人と共にいるとき、我々は強くあれる。(アメリカ)
■涙が止まらない!来月日本にいくよ。日本に笑顔と希望を届けに行くんだ!(カナダ 31歳)
■投稿ありがとう。日本の人々の役にたつのは偉大な名誉だよ。この映像は難局にある彼らの希望と驚くべき精神をよく捉えていると思う。そして僕は手を差し伸べる側だけど、それ以上のものを僕は彼らから受け取っているよ。ああ、泣くのが抑えられない。(アメリカ 32歳)
■僕達はいつだって君たちの側にいるぞ!(サウジアラビア)
■大泣きしてしまったわ。なんて美しい人たちなのかしら(国籍不明)
■なぜ俺が日本の事が好きなのか。この映像がその理由をより強固にしてくれた。それは人々だったんだ。(オーストラリア)
■4:51の写真は小さな小さな国、セルビアのものだよ!私たちはいつだってあなたたちを助けるからね。セルビアからの支援!頑張れ!(セルビア 24歳)
■涙が止まらない・・。(台湾 18歳)
■君たちには俺たちがついている。強くあり続けてくれ。(国籍不明)


   *  *  *

この動画を通じ、たくさんの外国の方へ感謝の意が伝えられたらと思います。
また、動画にでてこない他の支援してくれたすべての国々へも、「ありがとう」の言葉を伝えたいです。
[PR]
by koro-baboon | 2011-12-14 00:43 | 情報とか

Total lunar eclipse

ブログのサボリ癖がついている僕が連続UP。
ギリギリになってしつこくいきます。明日、7日で「動物愛護法改正のパブリックコメント後半」が締切りです。
メールかFAXで簡単に意見を送れますのでコチラの記事を参考にしてください。

   *  *  *

昨晩のお月さんです。
f0225871_1813916.jpg

今後、影の部分が徐々に照らされ・・・
10日にはまん丸の満月に。
そして深夜には皆既月食が待っています。

今回は何色の月になるのでしょう。赤黒い?小豆色?だいだい色かな。
ふだんイベントの少ない自分なので
皆既月食、期待してます。

国立天文台HP 皆既月食について
皆既月食、10日深夜に…全国で観測可能 (読売新聞)



(覚え書き)
月の満ち欠け・・・太陽に照らされた部分とそうでない部分
日食・・・太陽と地球の間に月が入り、太陽を隠す
月食・・・月と太陽の間に地球が入り、地球の影で月を隠す
[PR]
by koro-baboon | 2011-12-06 18:05 | 情報とか

動物愛護法改正のパブリックコメント 締切間近です!

動物愛護法改正のパブリックコメント後半、12月7日(水)が締切です。
すでに郵送だと期日までに間に合わない可能性が高いので、
まだの人はメールかFAXでしましょう。

ちばわんHPにある意見提出案を使っての送り方例です。
※重要! 2つのパブコメがあり、それぞれ送り先が違うので注意してください。

f0225871_2257868.gif

まず1つめ
ファックスの場合・・・A4用紙で「03-3581-3576」へ下の本文を送信

メールの場合・・・
宛先は aigo-arikata@env.go.jp 
件名: 「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に関する意見
本文: 以下と同じ意見なら氏名等の欄だけを記入し、そのままコピーしてください。(添付ファイルはNG)

~~~~ 本文  これより下をコピーしてください ~~~~

動物愛護のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く) に関する意見

1.意見提出者名/○○ ○○○

2.住所/〒000-0000  ○○ ○○○○○ ○○○ ○○ ○○○

3.連絡先/TEL00-0000―0000 E-mail  ○○○○○○○○○

4・意見
【1: 虐待の防止】

1)行政による保護等 (1頁)
・緊急時には、自治体が動物を一時的に保護できるように規定すべきである
・虐待を行った者に対して、飼育禁止命令をかける仕組みを作るべきである
・(動物虐待のような)一般国民の行為に対して、公権力を介入させることには慎重になるべきである

・虐待のケースにどのように対処したか事例を集め、優良な事例について自治体間で情報共有する
・問題事例が起こった際に相談できる受付窓口を明確にする
・動物の愛護・管理を担当する自治体の部署と、警察の間の連携を強化する

2)取締りの強化および罰則規定の見直し (1~2頁)
・自治体の担当部署に捜査などの権限(=司法警察権)をもつ職員を置き、取り締まりにあたらせることが有効である
・(自治体に司法警察権をもたせる前に)まずは警察との連携をもって取り締まりを行うべきである
・「虐待」という用語の定義をはっきりさせる。その際には、すでに動物愛護管理法で定められている「殺傷」や「遺棄」という用語に照らし合わせて整理する。
・「動物の酷使」についても、明確な定義づけが必要である
・これらの明確な定義のもと、罰則規定をより具体的にして積極的な摘発を促し、処罰を確実に進めることが必要である

3)闘犬等(2頁)
・闘犬など、動物同士を闘わせる行為は禁止すべきである
・伝統行事として容認されている例もあり、一律に禁止することは適切でない
・闘わせる目的で犬を飼育する場合には、(自治体からの)許可を必要とすべきである
・闘犬を開催する者は、動物取扱業への登録を必要とすべきである
・適切な基準を設定し、闘犬開催後に獣医師が適切な治療・ケアを行う

【2: 多頭飼育の適正化】(2頁)
・不適切な多頭飼育で周辺環境に損害を与えている飼い主への勧告・措置命令(動物愛護管理法)について、具体的にどんな状況に適用できるのかを規定して、勧告・措置をより行いやすくするべきである

・以上の勧告・措置を、周辺環境への損害防止にととまらず、不適切な動物の取り扱いや虐待を防止する目的でも発動できるようにする

・飼い主が勧告・措置に従わない場合は、行政や民間団体の支援のもと飼育状況や周辺の生活環境を改善することも必要である

・多頭飼育に関する統一ガイドラインを制定して適正な飼育を促す
・不適切な多頭飼育への対応は、自治体それぞれ独自の条例等に任せるべきである

・一定頭数以上の動物を飼育する場合には、自治体に届け出ることを動物愛護法で規定すべきである
・届出の対象となる具体的な多頭飼育数については、10~20頭を目安とする
・「10~20頭」を届出の基準とするかどうかは一概には言えない

【3: 自治体等の収容施設】(3頁)
収容施設の運用について
・動物収容施設の広さや設備、動物の管理方法について具体的な基準を設け、適切な飼養・
管理を促すべきである

・(上記の)具体的基準は、各自治体の財政事情や各施設の性質(収容目的や収容期間の長さ等)に沿った内容にする必要がある

・収容施設の設備や業務の一般公開は、その範囲や方法を現状どおり自治体ごとの判断に任せるべきである

殺処分の方法について
・殺処分については、動物の肉体的・精神的苦痛を(現状よりも)軽減するために、適切な手法を使い分ける必要がある

・(より苦痛の少ない)殺処分を行うために必要となる人員・財源確保の限界を考慮する必要がある

・(より苦痛の少ない)殺処分を実施する職員の精神的負担や安全確保に配慮する必要がある

・適切な殺処分の具体的方法は、日本獣医師会などの専門的機関によって提示されることが望ましい

持ち込み動物の引取りとその後の対処について
・収容施設に持ち込まれる動物については、やむを得ない事情がない場合には施設は引取りを拒否できるようにするべきである

・引取り後の動物については、殺処分を減らすために返還や里親希望者への譲渡を(全国の自治体で)推進するべきであり、そのためのプロセスについて明確に規定する必要がある

・収容施設の設備や動物の管理方法の改善、里親希望者への譲渡活動の推進は民間団体との連携を進めるべきである

【4: 特定動物】(3~4頁)
特定動物の範囲指定と飼育条件について
・犬・猫など一般的に家庭で飼育される動物以外の「特定動物」は、具体的にどの動物が該当するか、人間に対する危険性などを鑑みて専門家が判断すべきである

・特定動物は、その生理・生態に適した基準に対応できる者のみが飼育できるようにすべきである

・特定動物については、災害時にも継続して適切な飼育・管理を行うことを飼育者に義務付けるべきである

危険性が高いとされる犬種と特定動物への指定について
・人間に対する危険性が高いとされる犬種は特定動物に含めるべきである

・特定動物の指定は「犬」・「猫」などの広い範囲での動物種に適用されるものであり、特定の犬種のみを指定することは困難である

・人間への危険性は、犬の個体ごとの性質や飼育方法によるところも大きいため、 飼い主による適正飼育の義務を徹底することが重要である

特定動物を輸送する際の自治体への手続きについて
・特定動物を輸送する際には、通過する都道府県等に通知する手続きが現在とられているが、問題が生じる可能性が低い場合にはこの手続きを緩和してもよい

・ただし、移送中に長時間滞在する休憩地点については、引き続き通知の手続きが必要である

【5: 実験動物の取扱い】(4頁)
実験施設における動物の管理と規定について
・実験動物の管理や実験については、現状の研究施設ごとに行う自主管理のもとで不適切な事例や問題点は特にみられない。よって、(特に関連規定の見直しなどは行わず)現在の仕組みを今後さらに充実させる

・実験施設で問題が起こっていても表面化していない可能性があり、また、関係省庁による動物取扱のガイドラインが適用されていない例も存在するため、実験施設に対して届け出を義務付ける必要がある

・届出制を導入する場合には、実験施設の立ち入り検査・審査に専門家を介入させて適切な判断を下し、制度の実効性を確保する

・実験動物が適切に管理されているかどうかを第三者が評価する制度が始まったばかりであり、当面はこの評価制度をある程度の時間をかけて検証していくことが重要である

・動物の使用数の削減と、動物を用いない実験方法の活用を実験施設に対して義務付けるべきである

・国際的なガイドラインの動向を考慮するべきである

実験動物を生産する業者について
・実験動物は一般家庭で飼育されるペットとは異なるため、実験動物を生産する業者を(さまざまな規制の対象となる)「動物取扱業」に含めるべきではない

・実験動物には家庭で飼育される動物も含まれているため、実験動物生産業者は「動物取扱業」に含め、実験動物の適切な取扱いを求めるべきである

【6.産業動物の取扱い】(5頁)
・家畜(=産業動物)をよりよい環境で健康に育てるため、新たな飼育基準を具体的な数値をもって設定し、家畜の飼育者に守らせるべきである

・(上記の)新たな基準の設定に伴って、管理コストが上昇し、その結果消費者が畜産物に対して支払う価格が上がる可能性があることを啓発する必要である

・国際的なガイドラインの動向を考慮するべきである

【7. 罰則の強化】(5~6頁)
・動物虐待・不適正な取り扱いに対する罰則を引き上げるべきである

・虐待・不適正な取り扱いをした法人に重い罰金を課す規定を導入すべきである

・(虐待・不適正な取り扱い以外の)動物の殺傷に対する罰則は現状でも先進国と比べて遜色がないと考えられる

・(虐待・不適正な取り扱い以外に)動物取扱業に関する各種の罰則についても強化すべきである

【8. その他】(6~7頁)
1)犬のマイクロチップの義務化
・犬の個体を識別するための、マイクロチップ装着を普及させる取り組みが重要である

・自治体への犬の登録と整合性をとりながら、マイクロチップ装着を新たに義務付ける

・普及率向上のため、獣医師以外でも犬へのマイクロチップの装着を行えるようにするべきである

・獣医師以外の者がマイクロチップの装着を行うことは危険である

2)犬猫の不妊去勢の義務化
・過剰な繁殖を防ぎ、殺処分を減らすために犬猫の不妊去勢を義務付けるべきである

・不妊去勢を義務付けることで、適正な繁殖を行っている一般の飼い主の権利を奪うべきではない

・犬猫への不妊去勢は、法律で義務付けるほど国民に対して利益をもたらすものではない
・(一般の飼い主に不妊去勢措置を義務付けることはせず)、犬猫の販売業者による説明などによって適正な繁殖を飼い主に啓発する

・(一般の飼い主に不妊去勢措置を義務付けることはせず)、自治体が里親希望者に譲渡する犬猫に対しての不妊去勢を推進すべきである

3)飼い主のいない猫の繁殖制限
・依然として減少する傾向がみられない猫の殺処分数を減らすためには、飼い主のいない外猫の繁殖を防ぐことが重要である。この目的のためには、全国一律の規制を設けず、その地域の実情に合わせて各地自体が独自に対策を講じるべきである。

4)学校飼育動物および講演飼育動物の適正飼養
・学校での動物飼育については、その実態を把握し、適正な管理ができる仕組みづくりが必要である

・公園で飼育されている動物については、入場者からの料金徴収の有無にかかわらず、管理者の動物取扱業への登録を徹底するべきである

5)災害対応
・動物愛護法を改定し、災害時に自治体が独自の裁量で動物の救護や迷子対策を進められるように規定すべきである

・既に構築されている自治体と動物愛護ボランティアなど民間団体の間の協力体制を、災害対応にも活用できるよう規定を設けるべきである

・犬猫の販売時に災害時の避難や準備について、動物取扱業者が飼い主に説明を行うよう義務付けるべきである

6)実施体制への配慮
・より手厚い動物愛護管理を行うために生じる自治体業務の増加に対応できるよう、財政面や情報提供など必要な支援を検討すべきである




f0225871_22573953.gif



では次。二つめです。
最初の宛先と(FAX番号もメアドも)違うので間違えないようにしてください。

●ファックスの場合・・・A4用紙で「03-3581-3575」へ本文を送信

●メールの場合・・・・
宛先: aigo-seirei@env.go.jp 
件名: 「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に関する意見
本文: 以下と同じ意見なら氏名等の欄だけを記入し、そのままコピーしてください。

~~~~ 本文  これより下をコピーしてください ~~~~

動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要 に関する意見

1.意見提出者名/○○ ○○○

2.住所/〒000-0000  ○○ ○○○○○ ○○○ ○○ ○○○

3.連絡先/TEL00-0000―0000 E-mail  ○○○○○○○○○

4・意見
【1: オークション市場の動物取扱業への追加】(1頁)
動物のオークションを行う事業者(オークション業者)を「動物取扱業」に追加し、以下を義務付ける
・オークションに出すまでの間、現行の動物愛護法に規定された基準に従って動物を扱う
・オークションに参加する事業者が、動物取扱業の登録を受けていることを聴取する
・(上記、動物取扱業登録の義務など)動物の取引に関する法令に違反している参加事業者はオークションに参加させない
・オークションによる売買成立時に、販売業者が顧客に契約時の説明を行っていることを確認する
・オークションによる取引状況を記録して5年間保存する
・売買成立時に販売業者が顧客に交付する文書(売買された動物の特性や状態を示したもの)の写しを販売業者に提出させる
・上記の文書の写しを5年間保存する

【2: 動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加】(1頁)
・動物を譲り受けて飼養する事業者を「動物取扱業」に追加し、現行の登録手続きや飼養施設基準、その他の遵守すべき基準に従うことを義務付ける

【3: 犬及びねこの夜間展示の禁止等】(2頁)
動物取扱業者が夜間(午後8時から午前8時まで)に犬及びねこを展示することを禁止する。具体的には、以下の規定に従うことを業者に義務付ける
・犬猫の夜間の展示を行わない
・夜間は犬猫の飼養施設・展示施設内の照明を落とし、静かに保つ
・夜間に顧客・見学者が施設内に立ち入ったり、犬猫に接触したりしないようにする
・犬猫を長時間連続して展示する場合は、展示を行わない時間を設ける
・犬猫以外の動物に関しては、夜間の展示にあたって展示施設内の照明の照度を落とし、静かに保つなどの措置をとる

動物取扱業者が登録時に申請する事項に以下を追加する
・新規の登録および登録の更新にあたっては、営業時間を明記する
・現在の営業時間を変更し、午後8時~午前8時に営業時間が含まれることになった場合には変更の届出を提出する

f0225871_2259486.gif


パプコメの送り方は以上となります。
ご家族や友人で意見に賛同してくれる方がいれば、ぜひ声をかけてください。

さらに詳しくはちばわんHP 犬や猫たちのかわりに国へ声を!
パブリックコメントに参加をお願いします!!
をご覧ください。
f0225871_23455783.jpg

[PR]
by koro-baboon | 2011-12-04 23:04 | 情報とか

銚子の被害

今はレイディの預かりブログなのに、あまり更新できていなくてすみません!
もしレイディの事が気になる方、生レイディを見てみたいという方がいればぜひメールください。
日程を合わせて連れていきます!
hotdogboon☆gmail.com  (☆を@に変えてください)

レイディの事は終盤に書くことにして、先に千葉県銚子の様子をお伝えします。
milkさんのブログ「♡大切な宝物♡」より
f0225871_0363774.jpg

銚子マリーナ周辺をレポしてくださっています。
詳しくは、~地震のこと☆~ をご覧ください。

      *  *  *

「ちばわん」では被災地への支援物資を募集しています。
現在は近県各地の保護団体・個人ボランティアさんと調整をして、
第1陣として4月2日(土)に支援物資をお届けに行くことになりました。  

今後も物資のお届けを予定しておりますのでご協力をお願いいたします!
【犬用支援物資】    
    ・ケージ ・ 屋根つきサークル
    ・キャリー・バリケン類
    ・首輪・ハーネス・リード
    ・フード ・ 水のみ・フードトレイ
    ・トイレシート
    ・迷子札  など

【猫用支援物資】    
    ・ケージ ・ キャリー類
    ・首輪
    ・フード ・ 水のみ・フードトレイ
    ・猫用トイレ・トイレ砂  など

【その他】    
    ・毛布・タオル類
    ・シャンプー(水の要らないタイプ)
    ・消臭剤・ブラシ
    ・エチケット袋  
    ・ブルーシート
    ・携帯カイロ
    ・マスク など
キャリー・ケージ・サークル類や首輪リード類は比較的状態の良いものでしたら中古でも結構です。
詳細は支援ブログ:被災地への支援物資募集開始します!でご確認ください。

     *  *  *



さて、レイディのことも書かなきゃ。
気持ちを切り替えますね。
みなさんも気持ちを切り替えて先へお進みください。 【くだらなすぎるけど怒らないでね】



いままであまり女の子っぽい写真を載せていなかったので、今日はとびきり「じょし」な写真を。

f0225871_175217.jpg

おっぱい。

今しか見れませんよ。
普段は毛に覆われていますが、不妊手術で剃毛したので、まる見えです。
もし、この画像で喜ぶ男性がいたなら、それはちょっとまずいと思います・・。誰かに相談してください。
<(_ _)>







次は色っぽい後ろ姿。
f0225871_11983.jpg

え?モザイクがずれてる?
気にしにゃい、気にしにゃい♡




なんか、こんな画像を載せても赤い糸に繋がるわけねーなーと。

f0225871_1274238.jpg

次回はまじめに書きますっ。
[PR]
by koro-baboon | 2011-03-30 01:42 | 情報とか

拝啓 代表取締役 海渡博子様

みなさんこんばんは。
預かり犬のレイディをアピールしなくてはいけない、と思いつつ
怒っている事があるので少しぶちまけていいですか?
引用した情報源の選別も含め、あくまでも管理者koro-baboonの主観に基づくものです。
穏やかな夜を過ごしたい方はスルーしてください<(_ _)>

怒りの発端、それは昨日の朝日新聞の記事から始まります。

犬猫の深夜販売規制へ 環境省「健康に悪影響の可能性」  2011年3月3日 asahi.com

犬や猫の深夜販売は健康に悪影響を及ぼす可能性があるとして、環境省は2日、
規制に乗り出す方針を固めた。
店頭に並べる時間を制限する方向で、午後8時までにすることも検討する。
来年の通常国会での動物愛護法改正も視野に、4月にも結論をまとめたいとしている。

また、イベント会場などで犬や猫を売る移動販売についても、世話をする従業員の数に基準を設けるなど、
何らかの規制を検討する。

環境省によると、深夜にペットを売る店は、大都市の繁華街を中心に営業。
東京都内には午前3時まで開いている店もあるという。
深夜販売が犬猫の健康に与える影響について、同省は「ペットショップで売られているのは、多くが幼い猫。『子犬や子猫の睡眠時間は長い』といった一般常識に照らせば、健康に悪影響を及ぼす可能性は否定できない」と説明している。

深夜販売の規制は、動物愛護団体が強く求めている。これに対し、深夜営業のペットショップを展開する企業は「人間の生活スタイルに合わせた販売が、ペットにとってストレスになるとは思わない」と反論している。


ちょちょっ!最後の企業側の反論、信じられますか?
深夜のペット販売はこれまでもたびたび問題視されているのに、
1つの企業の問題行動に対し法律まで変わろうとしているのに、この企業は真っ向から反論です。

ご存じの方も多いと思いますが、この深夜営業のペットショップを展開する企業とは
「ワングループ」の事です。

このワングループ、全国に24店舗を構え、20時を超えて営業する店はそのうち16店舗。
アメ横店は23時。(金土祝前日)新宿コマ店は26時。(土)
本店の六本木店にいたっては27時(月~土)です。

27時っていったい何時?と一瞬考えてしまいますよね。
夜中の3時です(怒)
こんな時間に一体誰が買うの?と普通にそう思いますが、場所は六本木。
買う人がいるらしいです。それもよく売れるらしい・・。です。
夜中まで見世物にされている犬猫(他の動物もいます)のストレスが無いわけありません。

これを読んでいる皆さんも怒りがふつふつと湧いてきたと思います。もうしわけありません。
でももう少しお付き合いください。
もしこれを読んでいる方でワングループで購入した方がいるならば・・・
買ってしまったことを後悔するのではなく、今の出会いを大切にし、
次に買わなければいいのだと思います。

さて、話を元に戻しまして
更に怒りに震えたいかたはワングループのHPをご覧ください。
http://www.1wangroup.com/
ギラギラの店舗になぜかセレブと称してブランドものなどもショーケースにあるようです。
一体なにをあおっているのでしょう。どこに向かおうとしてるのでしょう。


ついでにチラシも
f0225871_23344173.jpg

「頭金0円」 などなど、衝動買いを助長させるような言葉が多く感じるのは僕だけでしょうか?

あれこれ突っ込みどころ満載のHPとチラシですが、中でも一番許せないと思うのは、
「あなたもプチブリーダー始めませんか?無料でお父さん・お母さん犬お渡しします。
何頭でもご用意できます。」

の一文。これはひどすぎます。
素人に繁殖をさせようとしているのです。

つまり、販売(金儲け)を目的とした繁殖を素人に安易に行わせるわけです。

まじめなブリーダーの方々は当たり前のように行う事前検査はどうなっているのでしょうか?
検査の内容を素人が完全に理解できると思っているのでしょうか?
事前の検査とは
遺伝性疾患(膝蓋骨脱臼など)の検査
OFA検査(股関節形成不全:CHD) 
アイチェックとは
進行性網膜萎縮症(PRA)検査

出産は犬が自分の血肉を削って行うもの。
命を落とす犬だって少なくありません。
母犬まで危険にさらす恐れのあるワングループの考えが全く理解できません。


殺処分0を目指すとうたっていますが、言葉だけが虚しく空々しくあるようです。

今日の内容をご覧になった上で、ご自身はどのように思うのかご自身でお考え下さい。
何を信じ、どんな考え方を支持するのかは、他人に強制されるべきことではないと思います。




追伸
f0225871_1315323.jpg


f0225871_1555782.gif


ちばわん ねこ親会いぬ親会のおしらせ



詳細は↑をクリック。
室内なので天候を気にする必要なし!駅からも近いです。
[PR]
by koro-baboon | 2011-03-05 00:19 | 情報とか

いぬねこ親会 一緒に見学しませんか?

突然ですが、somode(ソーモード)という音楽レーベルをご存じですか?

まず、somodeとは・・ここで説明するより、HPがとても充実していますので、そちらをご覧ください。
http://somode.info/index.html
とくに犬猫問題について「公式ブログ」 「wan column」 「犬猫について」はぜひ目を通してみてください。

            *  *  *

さて、そんなsomodeからお知らせがあります。(転載歓迎です)

3月6日 品川いぬねこ親会を一緒に見学しましょう!(以下HPより転記)

★犬猫と人を繋ぐ顔合わせ会★
保健所(愛護センター)から救いだされた犬猫達にどんなイメージを持ちますか?
意外にも!明るく笑顔でじゃれてきたりのほほんとしてる犬猫達が新しい家族を待ってます。
そんな、元気で明るい犬猫達と一緒に遊びませんか?犬猫達は癖や性格がしっかり把握されています。
そのため、相性の合う犬猫達に会うことができ、楽しい時間を過ごすことができます。
犬猫を飼ってる方は他の飼い主さんと仲良くなるのもよし、ボランティアの皆様とお話して
色々な情報を共有するのもまた楽しい時間になります!
一緒にワンニャン達、犬猫好きの皆と触れ合いませんか?私たちが責任をもってご案内致します。

当日の予定
l2:00・横須賀線西大井駅集合             
l2:20・ウエルカムセンター原・交流施設 (原小学校跡地)

*見学前に注意事項があります。必ずsomodeスタッフの指示に従ってください。開催団体、団体スタッフ、ボランティアの方々、譲渡会希望者の方々が参加しています。迷惑にならないよう楽しく見学しましょう。
*途中で合流、退席も可能です、お気軽にご相談下さい。

元々興味はあるけどなかなか一人では行きづらかった方、またこれを見て少しでも興味持って戴けた方、私たちと一緒に見学しましょう!ぜひご参加お待ちしております!
★参加方法
somode@somode.info 宛てにメールを送ってください。

詳しくはHPをご覧ください。 http://somode.info/event.html 


          *  *  *

今回の企画は私もお手伝いに伺います。
一緒に楽しく、一歩踏み込んだ見学をしたいと考えております。
参加おまちしております!

f0225871_1513894.gif


ちばわん ねこ親会いぬ親会のおしらせ



↑をクリックでかわいい参加ワンコ・ニャンコの画像がでます。
室内なので天候を気にする必要なし!駅からも近いですよ。
[PR]
by koro-baboon | 2011-03-04 00:02 | 情報とか

車のうしろに

車に犬のステッカー。

よく見るのはこんなタイプです。
f0225871_2232918.jpg



でも今日見たのは
f0225871_2233385.jpg



拡大
f0225871_22341869.jpg

ZANSHIN!おしゃれ!

紀州犬・大和号を愛してやまないのでしょうね。
色々と想像してたら運転が楽しくなりました。

  *  *  *

動物関連NEWS

ニャンで捨てたの セレブ猫27匹、花博公園で保護(02/26 asahi.com)

デヴィ夫人 毛皮は着ずに動物愛護デモ行進 (02/26 テレ朝news)

民主党 ペット販売、夜8時以降はダメ (02/26 日経電子版)
政府・民主党は犬や猫などのペット販売に関する規制を大幅に強化する方針を固めた。
夜8時以降の深夜販売を事実上、禁止するほか、ワゴン車などを使った移動販売に一定
の制限をかける。インターネット販売についても、業者と購入者が事前に対面すること
を義務付ける。

こうした規制を盛り込んだ動物愛護管理法改正案を2012年の通常国会に提出し、同年中
の施行を目指す。

動物取扱店舗は全国で約2万2000(09年4月時点)にのぼり、07年に比べて2000店増
えた。その一方で、ペット販売に関する規制はほとんどないのが現状だ。

例えば都内には午前3時まで販売している店舗もある。ネット販売を巡っても、対面を介
さない取引が一般的。動物愛護団体などが「生体へのストレス増につながる」などと反発
するなど、見直しの声が上がっていた。

有識者や関係団体の代表で構成する環境省の小委員会は現在、こうした販売の状況への
対応策などを検討中。3月にも中間報告で方向性をまとめる。

深夜販売に関しては、ペットグッズの販売は認めるものの、ペットそのものに関しては
「午後8時以降の陳列は禁止する」などの規制をかけ、事実上販売できないようにする。
移動販売も「特定の店舗を持たないため購入後のケアが困難」などとして一定の規制を
かける見通しだ。

動物愛護管理法は1973年に議員立法として成立。民主党内では「動物愛護管理法改正を
検討する議員連盟」も見直しに着手している。
[PR]
by koro-baboon | 2011-02-26 22:41 | 情報とか

注目記事 過去

ラブ☆万里のこと (☆わん☆だふるさんより)
逝去した万里君。たくさんの事を私たちに伝えようとしています。
■地球生物会議ALIVEから3月発行予定の『全国動物行政アンケート結果報告書』(平成21年度版)より、
全国自治体における犬猫の収容・処分数が先行して公開されました。 動物問題の現状を知るための基礎となる資料です。ぜひご覧ください。こちら
■昨年5月に行われた、「FreePetsJP」ustreamの友森玲子さん、渡辺眞子さんの対談(動画です)
友森玲子さん・・ご自身の経営する「Cafe Mignon」で保護・譲渡会をされています。
渡辺眞子さん・・長年殺処分問題に関わり、多数書籍を出版されていいます。
■1月にはFMラジオにも出演、保護犬についてお話されたカプアン通信さんからの記事。
・「センターの犬を救うには」・・様々な方法を解りやすく解説。1人でも多くの人に知って欲しい記事です。
・「殺処分「ゼロ」へのアプローチ」・・私たちがすべき第一歩とは。具体的にまとまてくださいました。
■「ペット29万頭の命を守れ!」 竹内 薫(科学作家)
国会議員、環境省、現場の保健所・動物愛護センターなどへの数カ月にわたる取材を通して、この問題の現状と解決策を探ります。(全9ページ)
■千葉県犬取締条例とは...環境省の通達は一体...解りやすい解説と問題提起で非常に考えさせる記事です。詳しくはカプアン通信 「公開情報より」をご覧ください。
■犬猫の迷子・・他人事ではないと、気持ちを引き締められる記事です。
詳しくは☆わん☆だふる  「迷子について・・預かりのキモチ」をご覧ください。
■譲渡条件の高齢者について、後見人についてを深く考えさせられる記事です。
詳しくは明るい方へ。。。  「高齢者は子犬を迎えてもいいですか?」
[PR]
by koro-baboon | 2010-12-31 15:08 | 情報とか

Heartful Story

初めて掃除ボラに参加した時からずーっと今日まで支えてくれている先輩ボラのtomotenkuriさん。
庭に繋がれたままのベスを発見した時も迷わずtomotenkuriさんに即電話、相談してました。
JOEを保護した数時間後には家まで薬や物資を届けてくれました。
今自分がなんとかやってるのはtomotenkuriさんのおかげでもあるのです。

・・・。 愛の告白してるわけじゃないですよ~(汗)

今日はtomotenkuriさんの事が雑誌ananに載ったのでそのお知らせです。
f0225871_1181318.jpg

発行部数20万部ですよ。すごいです。


小さな囲み記事じゃありません。カラー1ページ丸々。
f0225871_1185419.jpg



tomotenkuriさんがボランティアを始めるきっかけから今日までのインタビュー記事です。
f0225871_120949.jpg

タイトルの「ただの犬好きになれたら。」 tomotenkuriさんの、こんなささやかな願い。
でも今はただの犬好きにはなれない現実を伝えています。



本当はもっと早くここでも紹介すればよかったのですが・・・
ananって月刊誌じゃないのですね。週刊とは先日初めて知りました(・・;)
12月8日(水)に発売されたこのanan。
昨日探しに探してやっと見つけた次第なので、今から普通に書店で買うのは難しいかも・・です。


そんな訳で早速動物病院に貼らせていただきました。B4に拡大です。
f0225871_1455116.jpg

読みやすく目立つ場所に貼ってくれました。
Hペットクリニック様、ありがとうございます。
(千葉県北西部にあるこの病院では保護犬・猫、地域猫活動に協力してくださっています。詳しく知りたい方は私宛にメールをください。hotdogboon@gmail.com)



さっそく見入る人も・・
f0225871_1471227.jpg



TVや雑誌、新聞が殺処分問題を報じます。世の中が動き出している感じがします。
多くの人が気にかけ、心を痛めていますが
でも、まだまだ知らない人が多数。

今回のtomotenkuriさんの記事を読んで初めて知る人も多いと思います。
そしてその先に救われる命が必ずあるはず。

tomotenkuriさんのブログは オンリーwanの預かり日記





19日(日)は東京都江戸川区篠崎緑地でいぬ親会(新しい家族との出会いの場)です。
今回は99頭もの犬がエントリー!詳しくはこちら
f0225871_2564230.jpg

[PR]
by koro-baboon | 2010-12-17 00:41 | 情報とか


ベス、ばぶお、コロ、見ててな~


by koro-baboon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
オンリーwanの預かり日記
かぼすちゃんとおさんぽ。
オスカーの部屋
一緒に歩こっ!

リンク

カテゴリ

全体
仔猫たち
ベスのこと
ベスの友達
動物愛護センター
いぬ親会
いい話
悲しい話
情報とか
JOE (ジョー)
レイディ
カメラ
未分類

最新の記事

_/_/_/ お知らせ _/..
at 2012-12-31 00:00
THE MOVIE (=`ω..
at 2012-07-25 00:20
Rain Mi 2
at 2012-07-17 23:40
Rain Mi
at 2012-07-10 00:50
レイディ、いま、とっても、し..
at 2012-06-28 23:35

以前の記事

2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧