<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

テレビ取材 殺処分の現状 

現在、とあるケーブルテレビさんがセンターの取材をしてくれるとの事で
準備を進めています。

話の発端は・・
営業の方が自宅に来た時に、ちばわんのセンターレポートを見てもらいました。
すぐに番組制作の方に話を繋いでくれ、先日の掃除ボラの日にその方とお会いし、
センターの担当者の方とも現在話しを進めてくれています。


番組制作の方もセンターの現実を見て大変心を痛めていました。
「少しでも命を救えるお手伝いができるように、私も頑張ります」と
放送を実現するために熱心に動いてくれています。


センターの取材以外にも、実際に保護犬と暮らしている人たちの話、ボランティア募集、
なども放送してもらいたいと思っています。
ただ、話す事が苦手な自分・・。経験不足だし、どうしても皆様の力が必要です。


取材内容や撮影日が決まりましたら、改めてお知らせしますので、どうかご協力を
お願いします!!


第一弾のお願いです

番組表の表紙に写真と内容を載せてくれます。
(力を注いでくれてるのが分かりますね)
その写真が必要です。
ここではセンター内の写真を避け、普段の犬の姿にする予定だそうです。


どーせならお知り合いの方達から・・という事でブログなどから勝手に
写真を拝借しま~す。(いいっすか?)


まずは癒し編で選んでみました
f0225871_4371871.jpg





インパクト編では
f0225871_438283.jpg







躍動編なら
f0225871_4415088.jpg







ストーリーを感じる編では
f0225871_4425374.jpg



f0225871_443972.jpg






センター内かも(汗)ですが、心を打たれたのでこの2枚も候補です
f0225871_623857.jpg




f0225871_625687.jpg

                  (tomotenkuriさん、お借りしました)



この記事を担当の方に見てもらい、そしてこの7枚から選んでもらいますね。
(どれが選ばれるかは、表紙全体の雰囲気、その他色々な都合に合わせた物だと思います)



これからも色々と皆様にお願いすると思います。宜しくお願いします!!!
[PR]
by koro-baboon | 2010-05-26 02:27 | いい話

5/19愛護センター掃除ボラ 続き

5/19日に行った掃除の後、
翌日に引き出し予定の犬たちの安否を確かめてください、と「ちばわん」から
頼まれていたので、Sさん親子と一緒に写真を手に1頭づつ確認をしてました。



全部で6頭。

いました。
f0225871_22174512.jpg

無事です。

f0225871_2219034.jpg

この子も大丈夫。

f0225871_22193750.jpg

明日は出れるから

f0225871_22201329.jpg

もうすぐ、かんばれ!

f0225871_22213655.jpg

(上の5頭は無事20日に引き出されました。
預かりさん宅で体調を整えてから、いぬ親さん募集になります)




ただ、どうしても見つからない子が・・
f0225871_22255331.jpg

左の秋田犬がいません。


職員さんに聞くと、月曜の朝には亡くなっていたそうです。


誰もいない日曜日に
冷たいコンクリートの上で終わった命

預かり先も決まり
あともう少しでここを出れたのに
本当に残念でなりません





職員さんが懸命に掃除・消毒するこの場所も
f0225871_22515243.jpg

毎日次々と収容されてくる犬たちを前に
目に見えない病原菌を完全に除去することが追いつきません。

殺処分数だけよく目にしますが、
実は殺処分まえに病気で亡くなる犬もかなりの数がいる事も
忘れてはいけないと思いました。


(殺処分以外でセンター内で亡くなる犬猫の数は、千葉県の統計資料やALIVE発行の「全国動物行政アンケート結果報告書」には載っていません。)
[PR]
by koro-baboon | 2010-05-24 01:28 | 動物愛護センター

5/19 愛護センター掃除ボランティア

検疫室の掃除ボランティアを横浜から何度も参加しているSさん親子と行いました。

Sさんとはもう3度も一緒に掃除をしてきました。
いつものように笑いあり涙ありの掃除でしたね。お疲れさまでした!!

2時間ほどかかる作業ですが、仔犬たちのかわいいしぐさに微笑んだり、
時には悲しく見つめる目に心が傷つきながらの作業は時を忘れてしまいます。
最後にきれいになったケージで満腹になった犬たちの姿を見ながらカッパを脱ぐ爽快感。
辛くて悲しい事ばかりではありませんよ。
今後も多くの掃除ボランティア参加をお待ちしております。




無事検疫期間を乗り切った仔犬が収容されている舎を見学しました。
f0225871_23424843.jpg





ここに移されるまでに多くの仲間や兄弟が死んでいったはずです。
f0225871_23491843.jpg

一般譲渡を待つこの子達。この犬の子供が産まれて再びセンターに来る事が絶対にないよう、新しい飼い主さんは不妊・去勢手術を誓ってほしいです。


収容塔の様子です

【検疫室】

新しく入ったステンレスケージには仔猫たちの姿がありました
f0225871_23503721.jpg



f0225871_2351764.jpg



私たちがいる間に持ち込まれた子猫
f0225871_23513640.jpg

腰の曲がった、かなり高齢のお婆さんが持ってきました。
静かに声を掛け事情を聞いてみました。

飼ってる猫が4匹子供を産み、なんとか2匹はもらい手がついたけどもう探せられない。
独り暮らしで体も不自由なのでこれ以上の世話がむりなんです。と言っていました。

このお婆さんは最後に
「親猫には必ず不妊手術をする、もうかわいそうな事はしたくない」
と言って帰っていきました。

とてもせつない話です。
田舎の方で、特に高齢の方は新しい飼い主さんを探す方法を知らないし
限られてしまいます。
もし身近にこんな方がいれば、積極的に声をかけて
一緒に里親さんを見つけていきたいと思いました。


小型の純血種も多いです
f0225871_2352274.jpg



f0225871_2352479.jpg



f0225871_23532220.jpg




ミニチュアダックスだけで5頭
f0225871_23545850.jpg



f0225871_23553374.jpg


TVで見た犬を安易にペットショップで買ったのでしょうか
f0225871_23561659.jpg


ブームや、はやりなどを煽るようなTV番組も罪だとおもいます
f0225871_23564443.jpg



この子たちを産むために、劣悪な仔犬生産工場があることも忘れてはいけません
f0225871_23585028.jpg



f0225871_23591974.jpg




f0225871_23595183.jpg




f0225871_001448.jpg




とても穏やかなオスのパグです。
f0225871_005952.jpg

仔犬と同じ囲いにいましたが、優しく接していました
私達がいる間、1度も声をあげる事もなく穏やかな目で見つめてくれました
f0225871_031374.jpg

昨年亡くなった愛犬を思い出し、本当にいとおしくてたまりませんでした。
譲渡先は決まっていません



【抑留室】
1日目
2頭の大型犬が収容されていました
f0225871_05582.jpg


f0225871_061494.jpg




2日目

多くの犬がいますが、騒いだりむやみに動いたりしません。
f0225871_065047.jpg

自分の居場所を必死で守っているように見えました。








3日目
1頭しか顔を上げてくれませんでした
f0225871_082597.jpg







4日目
f0225871_09642.jpg




f0225871_09533.jpg


殺処分にされるなら、せめてこのまま目をつむり
昔の楽しかった思い出の夢でもみながら、そっと死なせてあげたい。
そう思ってしまいました

f0225871_0103667.jpg


f0225871_0105627.jpg






最終部屋
f0225871_0112916.jpg




昨日(18日)に飼い主持込みのゴールデン
f0225871_012226.jpg


不安で仕方ないのか、グルぐると円を描いて動いていましたが、私達が近づくと
一生懸命アピールしてきました。
人が大好きなようです。

f0225871_0124271.jpg


7歳のメスで体は小さめです。
預かれる方はいませんか?

※5/21追記;△検疫をお願いしました。
なお、この7歳ゴールデンには、預かり希望お問い合わせを複数いただいたそうで
いったんお問い合わせを停止とさせて下さい。




うなだれるテリアミックス
f0225871_0135767.jpg


金曜日の朝に殺処分予定だそうです。

その頃自分は何をしているのだろうと思ってしまいます。
もしかしたら誰かと笑い話でもしてるかも。
今日この目で見た子なのに、すっかり忘れてしまってるかもしれません。

あとになってこのブログを読み返して、なるべく今の気持ちを忘れないように
していきたいです。


お問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
 問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
 お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

[PR]
by koro-baboon | 2010-05-20 00:25 | 動物愛護センター

知らないことだらけです

ベスの寝場所の話です。

ベスがウチに来て早々、癖になるからダメかな~と思いつつベットで一緒に寝てしまいました。

予想どうり。
今やふかふか布団の虜になったベスです。
甘やかしすぎな気もしますが
まっ、今まで苦労してきたからイイでしょ。って事で毎日一緒に寝ています。

話は変わりますが
2・3日前からシーツに血の跡がうっすらと。。

ベスさん生理になりました。(犬はヒートというのですね)

犬にも閉経があると思っていた僕は、陰部からの血を見た時かなりビビリました。
「うわ、何かの病気?」
と思いネット検索したら、あっさりとあたり前のように書かれていました。

犬に閉経はない

今まで雄犬ばかりだし自分男だし。・・は通用しませんね。
慌てて病院へ連れて行って笑われるところでした。。

今回、この件で知った事。
自分が忘れない為にメモします。


・ 発情は一生涯ある。人間のように閉経する..ということはない。
 雄犬も精子はなくならない。そのため健康であれば老齢でも妊娠する可能性はある。
・ 老齢になると一見すると発情がないように見えることがある。
 (出血の量、色が薄くなる。陰部が腫れぼったくならなかったり)
 ・ 発情3回以内に避妊手術を受ければ、将来的に乳腺腫瘍になる確率を明らかに下げること証明されてる。
・ 卵巣が残っていることで発症する病気で生死にかかわる病気といえば、子宮蓄膿症。
これは避妊手術を受けていない(卵巣・子宮摘出術)、老齢の未経産の犬に多く発症する。
 一般的な症状としては食欲低下、嘔吐、脱水、発熱(20%の症例)などがある。
ステージにもよるが子宮に貯留した膿汁が多ければおなかがぽっこりしてくる。また犬の場合は細菌による毒素が腎臓にダメージを与える為、たくさんオシッコをする結果として水を“がぶ飲み”するようになる(多飲多尿)。
 もし子宮の入口が開いていれば膣からドロッとした膿汁が排泄され、尻尾の裏や陰部周囲の毛や皮膚に膿が付着して悪臭を放つようになる。しかし子宮の入口が閉じている場合は子宮の中に膿汁がどんどん貯留していくので、まるで風船が破裂するかのようにおなかの中で大きくなった子宮が破裂して腹膜炎に発展しないよう早急の対応と十分な注意が必要。



うーん、今後ベスさんは子宮蓄膿症も心配です。
上記の症状をしっかりと頭に叩きこんでおきます。


僕の無知ぶりをもう1つ暴露しちゃいます。

ヘソ天状態のベスを撫で撫でしていた時
後ろ足に何やらプニョプニョした小豆大の物体が。
ガムでも毛に絡まったのかとそぅ~と引っぱっても取れない・・

うげっ、よく見たら指。小さな爪が生えてる!
しかも片方の足だけ!!
f0225871_2162419.jpg

普通、前足の指は5本で後ろ足は4本じゃなかったっけ?
しかも位置が・・・。
やや焦りながら速攻でネット検索しました。

すると正体は

狼爪(ロウソウ)でした

この狼爪は本来なら退化してなくなっているものなのですが、遺伝的にまだ残っていて生えていることがあるそうです。
通常は怪我の防止の為、生後数日のうちに切除するのが本来のやりかただそうですが、仔犬の時にぶつけたりして取れてしまうこともあるそうです。

まっ、先祖がえりみたいなものだと思っておきます。

でもトリミングの時などきちんと言っておかないと、毛と一緒にバリカンで刈られそうです。
頼りなさげな皮1枚で繋がっているようなものですから・・。


ちなみに前足の指は5本
f0225871_2535191.jpg



そしてこのヘソ天状態のまま歯磨きをさせてくれます。
f0225871_255115.jpg

こびりついて黒く変色したものまでは取れませんが、
それでもだいぶ綺麗になってきました♪
口臭も気にならなくなりました。(それとも慣れてきたのか・・)


不安な事があってもすぐにネットで調べられる便利な世の中です。
でも所詮こんなのは素人判断。危険かもしれませんね。
やはり何かあれば病院で相談ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<募集>来週、18日か19日どちらかの日に掃除ボラに行く予定です。
ご一緒できる方がいればその方の都合のよい日に合わせる予定です。
[PR]
by koro-baboon | 2010-05-14 01:23 | ベスのこと

セーブペットプロジェクト・チャリティウォーク

5/9「セーブペットプロジェクト・チャリティウォーク」に参加しました。


セーブペットプロジェクトとは
動物病院で処方されるフロントライン®をお使いいただくと、その売上の一部が
飼い主を失ったペットの命を救う活動に役立てられるというものです。


この日のために老犬ベスさん、色々と準備をしてきました。。

まずは体力。
ウチに来たときに比べたらまるで違う犬のようです。
以前は普通に立っているだけで後ろ足がプルプルしていたのが、今は全くありません。
段差も本犬の背丈ぐらいまでは軽々と飛び乗る事ができるようになりました。

何といっても歩く姿が変わってきました。
前はトボトボ歩く感じでしたが、今は跳ねるように?足が軽やかに動きます。
散歩も長時間楽しく歩いてます。
・・・よって体力はクリア!



次に体調。
食事を手作り食に変えてからはすごく調子がいいみたいです。
何故かというと・・ベスさん、あまり水を飲まないのです。
そこで現在は野菜と肉のスープを主体にし、多くの水分を摂らせるようにしました。
するといいウンチとおしっこ!目やにも止まりました。
・・・体調もOKでしょう!

最後は見た目。
先週トリミングしてもらってナイスミドルへ変身しました!

ちなみにこれはトリミング前
f0225871_2335219.jpg


トリミング後
f0225871_23354537.jpg

いやぁ、スッキリするものです。(初の経験でした)
僕が1000円カットなのにこいつは4000円です。
でもやってもらってよかったです。


そんなこんなで準備は万端です。

会場のお台場パレットタウンに着くと、すでに多くの犬と飼い主さんたちがいました。
f0225871_235827.jpg


正午近くでしたので皆さん日陰に避難中です
f0225871_025750.jpg


ステージ上では長谷川理恵さんをゲストに、熊本市動物愛護センターの松崎所長、
日本動物生命保護の会(ALISE)の金木代表を加えて行われたトークセミナーが行われています。
f0225871_052863.jpg

直射日光の下で正面のパイプ椅子には人がまばらですが、周囲の日陰には
86名の実際に保護された犬を譲り受けた犬親の方々、
殺処分問題をなんとかしようと集まった飼い主の方々、そして100匹以上の犬がいます。


すると突然後ろから「ベスちゃん♪」と声がかかりました。
かぼすママさんとダンディーな旦那さん、そしてかぼすちゃんです
以前、センターの掃除でかぼすママさんと息子さんにはお会いしてました。
背が高くてモデルなみのルックスの息子さん、今日このご夫婦を見て納得です。
みなさんスマートだこと、はは(汗)

肝心のかぼすちゃんはというと・・
大勢の犬や人に囲まれて少し緊張してたかっ。
いつもブログかぼすちゃんとおさんぽ。で見せてくれるおちゃめな姿はどーした、って感じのおとぼけぶりでした(笑)
今度はかぼすちゃんの縄張りで一緒にお散歩しようね、かぼすちゃん。


ブログカプアン通信のアンジェロとカプアもいました。
「はじめまして、いつもブログ楽しく読んでます」と挨拶すると
「あらーっ、うれしい」と笑顔で応えてくれるご夫妻と僕の顔をベロベロしてくれるアンジェロ(笑)
f0225871_059232.jpg




お台場海浜公園まで出発です!
f0225871_124363.jpg

ピンクのTシャツが参加者の皆さん、グリーンのTシャツはスタッフの皆さんです。

心配だった暑さですが、やはりアスファルトの上は熱いです。
でもコースの1/3ぐらいはこのような緑の部分がありましたので、ベスはその上を歩かせました。
f0225871_183123.jpg

途中ですれ違う人はビックリしたでしょうね。
犬嫌いな人がいたら地獄だったかも。。
でもどの犬もとても行儀よく歩いてました(笑)


ビーチに着くと順番に長谷川理恵さんとの記念撮影です。
f0225871_1162661.jpg

僕はずうずうしさを表にださないように気をつかいながらそう~っと長谷川理恵さんに近づき、
そしてゲット!すぐ横で記念撮影に収まりました。
しかしスグに後悔!!明らかに長谷川理恵さんのほうが背が高いです。。

最後に「保護犬たち、殺処分問題のPRを今後もよろしくお願いします」と声を掛けました。
「わかりました、頑張ります」とお返事いただけました。
近すぎて緊張してしまい、まともに顔を見れなかったのが今も後悔ですが(情けない・・)
嬉しい一言でした。


かぼすちゃんと休憩タイムです。
f0225871_1325066.jpg



この後、スタート地点まで戻るのですが・・・
ベスはとても楽しそうで元気満々。スタスタ歩いてくれるのですが・・・
一緒に来た母が。。
「もうダメ、貧血ぎみ」と少し具合が悪そうでしたので途中離脱してしまいした。
(車に戻ったらすぐに回復してました。運動不足ですね、多分。。)

お別れのご挨拶できなかった皆様、大変失礼いたしました。


このようなイベント、とてもいいことですね。
日本各地で同じような事が行われ殺処分の現状をもっと多くの方に伝わっていけば
きっと日本の犬猫たちの未来も明るいものになると信じています。

最後に、セーブペットプロジェクトのスタッフの皆さん、おつかれさまでした。
来年も、その次の年もよろしくおねがいします。
そして・・いつかこのプロジェクトも必要でなくなるように共に頑張っていきましょう!
[PR]
by koro-baboon | 2010-05-11 02:14 | いい話


ベス、ばぶお、コロ、見ててな~


by koro-baboon

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

ズボラーおばさんの暮らし...
いつも笑顔で!Ver2
ちばわん 愛護センター・...
オンリーwanの預かり日記
かぼすちゃんとおさんぽ。
オスカーの部屋
一緒に歩こっ!

リンク

カテゴリ

全体
仔猫たち
ベスのこと
ベスの友達
動物愛護センター
いぬ親会
いい話
悲しい話
情報とか
JOE (ジョー)
レイディ
カメラ
未分類

最新の記事

_/_/_/ お知らせ _/..
at 2012-12-31 00:00
THE MOVIE (=`ω..
at 2012-07-25 00:20
Rain Mi 2
at 2012-07-17 23:40
Rain Mi
at 2012-07-10 00:50
レイディ、いま、とっても、し..
at 2012-06-28 23:35

以前の記事

2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧